<< クラシックギターの製作3−20 | main | 河川の治水 >>

電子楽譜

0

    パソコンメーカー数社からタブレット端末が発売された今から10年ほど前に、私はタブレットの用途として、楽譜に使うと便利だなと思い付き、それをブログに書いたことがありました。その時ページめくりにフットスイッチが良いということも書きました。

     
    それから7年ほど経ち、プロの演奏家がタブレットの楽譜を見ながら演奏しているのを見かけるようになりました。ヴァイオリン奏者の足元にはUSBフットスイッチがありました。

     
    今年の10月には電子楽譜GVIDO(グイド)が発売されました。これはタブレット楽譜より素晴らしいものです。折りたためばA4サイズで薄く、見開きA3サイズの大画面です。電子書籍のようにバックライトが無く、光の反射も少なくて、長時間見ていて疲れないそうです。ページ送りは画面を軽くワンタッチでOK、フットスイッチも可能です。スタイラスペンで楽譜に書き込みもできます。

     
    欲しいなと思って、価格を見ますと、本体のみ税別18万円でした。残念ですがたまに趣味でギターを弾く程度の私には手が出ません。
    このグイドは先日観た映画「蜜蜂と遠雷」にも登場していました。

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.12.20 Friday
      • -
      • 11:27
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM