<< クラシックギターの製作3−15 | main | クラシックギターの製作3−16 >>

楽譜で自分のパートの音符を大きく

0

    昨年昔の仲間でギター四重奏をした時に、仲間の一人がそれぞれのパート

    の音符だけを大きく印刷したものをメールで配信してくれました。歳を

    とると小さな楽譜が見づらいので、大変助かりました。

     
    今年もギター合奏をすることになっており、仲間の別の人からパソコン

    メールで送られてきた楽譜を印刷すると、音符が小さくて見づらいもの

    でした。パート譜は大きい音符ですが、私は他のパートを見ながら自分の

    パートを弾く習慣になっているので、いつもスコアの楽譜で弾いています。

     
    それでMuseScoreに入力して、編集すれば自分のパートの音符

    だけ大きくできるのではないかと考えたのです。音符の入力が終わり、

    いろいろ試みたところ、音符を大きくする方法が解りません。そこで

    昨年作ってくれた仲間に音符を大きくする方法を教えてもらいました。

     
    私は音符を大きくすることにばかり気を取られていましたが、その仲間

    が教えてくれたのは、自分のパートはそのままにしておいて、他の全部

    のパートを小さくするというテクニックでした。

     
    MuseScoreの場合、小さくしたい譜表の任意の小節を右クリッ

    ク→「譜表のプロパティ」で「小」を選択すれば、それでOKです。

     
    自分のパートの音符をそのままのサイズにし、他のパートの音符を小さ

    くして、拡大印刷すれば、結果として自分のパートの音符だけ大きくな

    るわけです。
    さて、楽譜がよく見えるようになり、合奏の練習開始です。

     

     音符を大きく

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.17 Monday
      • -
      • 14:38
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM