<< 第2回電王戦でコンピューターがプロ棋士に勝ちました | main | 最近話題のユーロホップを飲んでみました >>

押し入れ用すのこを使って棚をDIY

0
    仕事で使用します小さめの段ボール箱を置く棚を作成しました。
    棚の枠は、当店で販売してます「カラスごみ箱」のアルミパイプと接続金具の試作廃材を流用することにしました。適当な大きさの棚板をホームセンターへ探しに行きましたところ、75cm×45cmぐらいの棚板でも1枚千数百円します。ふとホームセンターの通路で安売りされていた押し入れ用すのこを使っては?と思い付きました。同じぐらいの寸法のすのこは1枚548円です。桐板のすのこは更に半額ぐらいでしたが、厚みが薄く心もとないので、厚み13mmの杉板すのこに決めました。棚板として強度は充分ありそうです。

    すのこを必要枚数買って帰り、すのこ裏の角材の位置を少し変更したり、板の4角をカットしますと、アルミパイプの骨組にピッタリ収まりました。
    強度補強のために「カラスごみ箱」で使用しています園芸用ワイヤーですじかいも取り付けて、下の写真のような棚が完成です。

    押し入れ用すのこは、ホームセンターなどで安価に入手でき、そこそこ強度もありますので、棚板として充分使用できます。

    棚1  棚2

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.02.19 Monday
      • -
      • 14:42
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      はじめまして!
      ネットで検索していたらこちらのページを見つけました。
      現在、自作の棚を作っているのですが、補強のためにワイヤーのようなもので後ろにバッテンにしたいのですが、初心者なもので、何でやればいいのかわからず…
      こちらの写真と同じようにバッテンにしたいのですが、その資材と作り方教えて頂けないでしょうか?
      よろしくお願いします!
      • Mie
      • 2015/02/18 6:07 PM
      私のブログを読んでいただきありがとうございます。
      本来のスジカイは伸縮のどちらにも効果があるものですが、針金でも「バッテン」にすることで、長方形が平行四辺形になるのを防ぐことができます。
      支柱が細い棚などは、平行四辺形に傾きやすいので、針金を使って対角に「バッテン」で補強すると強度が増します。
      私が使用しました針金は、ホームセンターコーナンの園芸用品売場で見つけたソフトワイヤー(TAKAGI)という細いPVC被覆の針金です。裸の針金より錆びにくく、指で巻きつけできるほど柔らかいので、作業が楽です。
      取り付けようとする長さより充分長いめにカットして、コーナー付近の支柱のパイプに巻きつけて、対角に張った針金によじっているだけです。棚の後ろ面、両側面に「バッテン」を施すことで、棚がしっかりすると思います。
      先般私の息子が使っています、高さ2mほどの4角パイプでクロス張りの衣装ケースが服の重みで傾いていました。この針金で「バッテン」に補強しました結果、その後傾かなくなりました。
      • ライブリーナウ
      • 2015/02/18 7:28 PM
      お返事ありがとうございます!!
      ぜひ参考にさせて頂きます^ ^
      • Mie
      • 2015/02/19 3:58 PM
      コメントする









      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM