江口の君堂へ行きました

0

    大阪市の東淀川区役所主催の「東淀川魅力発見プロジェクト」というの

    があって、南江口・大桐を散策する催しに参加しました。江口の君堂は、

    昔西行法師が立ち寄った所として知られていて、永らく前から一度行っ

    てみたいと思っていました。数年前に淀川の土手で芝能があり、いくつ

    かの出し物の中に「江口の君」が出てくる能(謡曲が良かった)を鑑賞

    したことがあります。

     

    現在は寂光寺という日蓮宗の寺で、「江口の君堂」とも呼ばれています。

    西行法師が天王寺詣の途中で時雨に遭い、一軒の里家に宿を乞うたとこ

    ろ、女家主の遊女妙(たえ)に断られたのです。西行が「世の中をいと

    ふまでこそかたからめかりの宿を惜しむきみかな」と歌を詠むと、妙は

    「世をいとふ人としきけば仮の宿に心とむなと思ふばかりぞ」と素晴ら

    しい歌を返したそうです。その縁で二人は一夜を語り明かし、妙はその

    仏門に入り、余生を人びとに貢献したそうです。妙の亡き後、江口の

    びとが冥福を祈って江口の君堂を建てたと言われています。

     

    境内に石碑があり、その碑の右側に西行の歌が刻まれ、左側には妙の歌

    が刻まれています。

     

    江口は上町台地の先端部に位置して地盤がしっかりしていて、また平安

    鎌倉初期には淀川水系で京都との水運の要所にあったことで多くの遊女

    おり、その中に没落貴族の遊女もいたそうです。

     

     君堂1

     

     君堂2

     

     君堂3

     

     

     

     


    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    PR
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM