浴室のタイル目地補修

0

    浴室のタイル目地に黒カビが生えて汚くなっていましたので、セメント系目地材(速乾抗菌タイル目地材)を水に溶かして、目地補修をしました。我が家の浴室は壁の4面が天井までタイルが貼ってあり、壁の面積の半分ぐらいに黒カビがありました。

     
    時々は塩素系漂白剤で黒カビの掃除をしていますが、しばらくすると再びカビが生えてきます。

     
    以前に目地の傷んだ箇所をシリコンゴム系目地補修材を使って補修したことがありました。シリコンゴムの目地材はチューブに入っていて取り扱いやすいですが、数年経つと、剥がれてくる部分がありました。

     
    今回は補修面積が広いこともあって、もう少し本格的なセメントタイプの目地材を使用しました。

     
    浴室の四隅のコーナー部は両側に床から天井まで養生テープを貼って、中央部に小さなヘラで目地を塗りこみました。壁の平面部はカビが生えている部分に目地材を上塗りする感じでビニール手袋をした人差し指で塗りこみました。はみ出た目地材や目地で汚れた手が触れてしまったタイル表面は、数十分後に布で簡単に拭き取ることができます。

     
    作業が終わって黒カビが全く見えなくなり、浴室が見違えるようにきれいになりました。

     

     タイル目地1

     

     タイル目地2

     

     タイル目地3

     

     タイル目地4

     

     

      

     

     

     


    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    PR
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM